TOPICS

2018年

8月

02日

5か月お待たせしました!

https://docs.google.com/presentation/d/1Qeyhrc8-6xduCcGU8l1z2IQc0GNQlrxg20mYEH9qhu4

誠に長い間、お待たせ致しました。

フードバンクいたばし設立1周年記念活動報告会のレポートです!

どうぞ、ご堪能あれ!

・・ではなく、本当にお待たせしてすみませんでした。

2018年

7月

22日

充実したお盆明けでした!

 はい!見てください、あの炎天下の中、活動された同志達の笑顔を!

 そう、7月15日は東京のお盆の真っ盛りの日・・でもありますが、中台フードドライブの実施日でもありました!

 ちょうど55kgの、有難い食料の寄付を頂戴しました。早速、食料を必要としている方々にお届けします。代表である私は、今年も不参加です。すみません。

 55kgとは、去年の2倍以上です。

 

 協力してくださった方々、本当にありがとうございました。

 そして、嬉しい続報があります。

 去年も協力してくださった板橋社会福祉法人施設等連絡会様が、早くも今年第一段のフードドライブを敢行してくださいました。そして、その中から、88kgを寄付してくださいました。なんというありがたい事でしょう。

 そして、今月中には、全ての食料の行き先の手配が完了しそうです。

 夏場ですし、一日でも早くお届けするために日々、調整しております。ご安心を。

 そのようなわけで、普段でしたらちょっと一息つくお盆明けが、息もつけぬお盆明けとなりました。ありがたい腰痛に見舞われました( ^ω^)・・・

フードバンクとは

まだ美味しく食べられるのに、外箱が壊れた、ラベル印字ミス、売れ残った、形が悪い、食べきれない等の理由で、廃棄されている食べ物がたくさんあります。
その一方で、失業や病気、いろいろな理由で、その日の食べ物にも困っている人達が、たくさんいます。

フードバンクは、その両方を繋ぎ、企業や個人の方から、まだ食べられるのに不要になった食品を無償で受け取り、それらを必要とする人達のもとへ無償でお届けします。こうして、食べ物は廃棄される事なく美味しく活用され、命をつなぐ糧として本来の価値を全うできます。

 

私達は、「食べ物は命の糧、大切にしたい」と考えています。


現在日本では年間500~800万トンの食品が廃棄されています

我が国では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間500800万トン発生しています。世界で約9億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である我が国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開しています。