TOPICS

2019年

11月

05日

FBI最後の日?後編

 はい、いよいよFBI最終回の日がやってまいりました?最終回らしい写真……

 ではありません。

 こちらは、先日、大量の自社製品を寄付してくださったヤマヨシ製菓様の社屋をバックにした記念写真でございます。

 あまりに大量であったため、少し時間がかかりましたが、運搬手段はヤマヨシ様で用意してくださったおかげで、全て無駄なく手配できました。

 そのお礼にまいった際の写真でございます。とてもありがたいことでございました。

 また、先日の区民祭り、中台サンシティ祭りでのフードドライブでは大量の食料のご寄付がございました。早速、各地にお届けいたしました。ありがとうございます。

 このような大口のご寄付とならんで、フードドライブの回数がどんどんと増加しています。

 皆様のおかげで、ここまで盛り上がってきたんですね。今日も新しい食料の提供先が増えました。必要な方々に、より広くお届けできるようになりました。

 そしてまた大口の寄付の電話がかかってまいりました。さあ、頑張るぞ!

2019年

10月

17日

うっかりでした!緊急速報です!

 前回の続きも考案していないのに、緊急ですみません。

 今度の土日、10月の19日と20日の土日に行われます、板橋区民祭りにて、SDGZの一環として、フードバンクいたばし、出展致します!

 なんと、板橋区の広報にも掲載を頂き、共催という形での出展です。

 思えば三年前のあの区民祭りから、実質的な活動が始まってことを思い出します。

 なんとか、活動を継続できて、ここまで参りました。

 皆様のおかげでございます。今後とも宜しくお願い致します。

 あ、場所ですが、大山公園内のどこかです。見つけてください!お願いします。

フードバンクとは

まだ美味しく食べられるのに、外箱が壊れた、ラベル印字ミス、売れ残った、形が悪い、食べきれない等の理由で、廃棄されている食べ物がたくさんあります。

その一方で、失業や病気、いろいろな理由で、その日の食べ物にも困っている人達が、たくさんいます。

 

フードバンクは、その両方を繋ぎ、企業や個人の方から、まだ食べられるのに不要になった食品を無償で受け取り、それらを必要とする人達のもとへ無償でお届けします。こうして、食べ物は廃棄される事なく美味しく活用され、命をつなぐ糧として本来の価値を全うできます。

 

私達は、「食べ物は命の糧、大切にしたい」と考えています。

現在日本では年間500~800万トンの食品が廃棄されています

日本では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間500~800万トン発生しています。世界で約9億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開しています。