TOPICS

2017年

8月

17日

高島平の恒食様、進撃中!

 はい、もう、そういう訳でございます。

 私、松田さんからご紹介された、高島平の株式会社、恒食の瀬尾社長様とお話をさせていただいておりました。

 そして遂に、社長様の御決断が!

 フードバンクいたばし と、食品提供協定を結んでくださいました。

 ありがとうございます。

 即日、副食物を中心に色々、沢山いただきました。大体一日かけて、配布し終わりました。

 福祉施設他、民間の福祉団体様方、とても喜ばれておられました。

 そしてまた、日晃ファーム様から、ありがたい精米50キロを頂きました。もうね、通算では・・・、会員様には、来年の総会にて、色々、詳細を御報告します。

 さあ、会員になって歴史をかえていこうではありませんか!うわー、そういう・・・

 

2017年

7月

26日

じゃーん!結果発表!

 はいせいこーでした!

 ちょっと、あれでしたね。まあまあ。

 うまいこと、ほぼ全員、お顔が写らない特殊加工を施してございます。

 山田さん、中台で開催してくれて、本当にありがとうございました。

 240分で、26キロ集まりました。

 要するにですよ、10分で1キロ、1分で100グラム・・・やめます。

 事前に入念な準備をなさってくださったおかげで、密度の高い活動ができました。

 暑かった!いやしかし、我ら同志たちのこの忙しそうな中にも充実ぶりが感じられます!

 見てきたように言ってますが、はい!私は出られませんでした。誠に、すみません。

 また、この成果は、すでに板橋の福祉施設に、全量提供されています。

 更に、この数日後、日晃ファーム様から、50キロの精米をまたまた頂きました!

   早速、成増の子供食堂様に10キロ提供致しました。

 こんごとも宜しくお願い申し上げます。

フードバンクとは

まだ美味しく食べられるのに、外箱が壊れた、ラベル印字ミス、売れ残った、形が悪い、食べきれない等の理由で、廃棄されている食べ物がたくさんあります。
その一方で、失業や病気、いろいろな理由で、その日の食べ物にも困っている人達が、たくさんいます。

フードバンクは、その両方を繋ぎ、企業や個人の方から、まだ食べられるのに不要になった食品を無償で受け取り、それらを必要とする人達のもとへ無償でお届けします。こうして、食べ物は廃棄される事なく美味しく活用され、命をつなぐ糧として本来の価値を全うできます。

 

私達は、「食べ物は命の糧、大切にしたい」と考えています。


現在日本では年間500~800万トンの食品が廃棄されています

我が国では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間500800万トン発生しています。世界で約9億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である我が国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開しています。