TOPICS

2019年

8月

24日

ハードボイルドエッグ

 残暑もまだまだ厳しいなあ、と感じていたころ、FBI本部に緊急の連絡が!正体不明のトラブル{今は解決しました}がフアックスで頻発していた頃、1本の緊急情報が飛び込んできていました。うまく届いてくれて本当によかった!

 5000個のゆで卵を寄付致したい、というご連絡でした。

 こ、この時期に5、5000個のゆで卵。総計225kg。

 色々と確認を終え、直ちにFBIは、活動を開始しました。

 ……1週間後、ほぼ全ての配送を終了いたしました。

 この間、メンバーの奮闘たるや、もう素晴らしい事でした。

  ゆで卵を寄付してくださった方は、練馬区の丸金様です。

 とても助かりました。ありがとうございます。

   これがまた、皆様のお役に立つことを願っています。

2019年

8月

18日

FBIのFDがHOTだ!

 先日、お伝えいたしました、ボランティアセンター主催のエコポリスセンターでの

 フードドライブは、小中学生ボランティアの奮闘により、成功しました。

 おかげさまで、26kgほどの食料が集まりました。

 そして、鮮やかなるFBIの手により、数日以内に運ばれていきました。

 皆様、ありがとうございます。

 何度も言いますが、今回の活動は、色々と象徴的な意味合いがあります。

 すべての活動に素晴らしい意味がありますが、ご多聞にもれずです。

 とりあえず、題名をルーみたいにしましたが、暑いもので、つい(^_-)-☆

フードバンクとは

まだ美味しく食べられるのに、外箱が壊れた、ラベル印字ミス、売れ残った、形が悪い、食べきれない等の理由で、廃棄されている食べ物がたくさんあります。
その一方で、失業や病気、いろいろな理由で、その日の食べ物にも困っている人達が、たくさんいます。

フードバンクは、その両方を繋ぎ、企業や個人の方から、まだ食べられるのに不要になった食品を無償で受け取り、それらを必要とする人達のもとへ無償でお届けします。こうして、食べ物は廃棄される事なく美味しく活用され、命をつなぐ糧として本来の価値を全うできます。

 

私達は、「食べ物は命の糧、大切にしたい」と考えています。


現在日本では年間500~800万トンの食品が廃棄されています

我が国では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間500800万トン発生しています。世界で約9億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である我が国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開しています。