TOPICS

2017年

6月

16日

食品の提供先の施設を募集しています

本日は、写真なしです。が、
精米を40キロいただきました!
日晃ファーム様、ありがとうございます!
 近隣の子供食堂様や、生活困窮者
支援団体様等に提供しています。
 どうぞ、早めにご連絡ください。

 

2017年

6月

03日

遂に来たか・・・( ^ω^)初契約!

初の事業者様との提携です。すでに栃木県産の精米100キロをご寄付下さってます。

 日晃ファーム 高山哲夫様です。ありがとうございます!

 歴史に残る第一歩です!

 


フードバンクとは

まだ美味しく食べられるのに、外箱が壊れた、ラベル印字ミス、売れ残った、形が悪い、食べきれない等の理由で、廃棄されている食べ物がたくさんあります。
その一方で、失業や病気、いろいろな理由で、その日の食べ物にも困っている人達が、たくさんいます。

フードバンクは、その両方を繋ぎ、企業や個人の方から、まだ食べられるのに不要になった食品を無償で受け取り、それらを必要とする人達のもとへ無償でお届けします。こうして、食べ物は廃棄される事なく美味しく活用され、命をつなぐ糧として本来の価値を全うできます。

 

私達は、「食べ物は命の糧、大切にしたい」と考えています。


現在日本では年間500~800万トンの食品が廃棄されています

我が国では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間500800万トン発生しています。世界で約9億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である我が国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開しています。