TOPICS

2018年

9月

20日

フードドライブ3倍達成か!?紹介します。

 秋の長雨ですかね、ゲリラが続いたから、普通の雨でほっとしますが。

 板橋区内での今年度のフードドライブ開催数が激増し、計画中のも含め、既に3倍を超えたかも!協力してくださる方々が増えるのは、とても有難いです。

 今月は、山田たかゆき議員の御尽力で、めぐみ幼稚園様においてフードドライブが行われました。23kgです。ありがとうございます。

 また、先月に引き続き、いたばしボランティアセンターさまでフードドライブを開催してくれました。8kg強も頂きました。ありがとうございます。

 早速、提供先を手配しました。

 今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

2018年

9月

10日

御無沙汰です

 明日あたりから、少し秋らしくなるんですかね。まあ、今日も酷暑ではないし。

 少し天気も落ち着くと、日本国中、助かります。

 さて先日、まとまった量の食料のご寄付がございました。

 チキンコンソメ顆粒20kg、フリーズドライ味噌汁9000食分とか・・

 特にお味噌は、あの老舗のカネサ様からです。

 色々な形状の物合わせて、9000食分です。早速、配送を全て手配しました。

 本当に有難うございました。とても助かりました。

 尚、ご多聞にもれず、当団体でも、精米は不足しています。

 未開封なら、古米からでも受け付けます。ご協力の程、宜しくお願いします!

 

 

フードバンクとは

まだ美味しく食べられるのに、外箱が壊れた、ラベル印字ミス、売れ残った、形が悪い、食べきれない等の理由で、廃棄されている食べ物がたくさんあります。
その一方で、失業や病気、いろいろな理由で、その日の食べ物にも困っている人達が、たくさんいます。

フードバンクは、その両方を繋ぎ、企業や個人の方から、まだ食べられるのに不要になった食品を無償で受け取り、それらを必要とする人達のもとへ無償でお届けします。こうして、食べ物は廃棄される事なく美味しく活用され、命をつなぐ糧として本来の価値を全うできます。

 

私達は、「食べ物は命の糧、大切にしたい」と考えています。


現在日本では年間500~800万トンの食品が廃棄されています

我が国では、本来食べられるのに廃棄されている「食品ロス」が年間500800万トン発生しています。世界で約9億人の人々が栄養不足状態にある中で、「もったいない」という言葉の発祥地である我が国として、食品ロス削減にフードチェーン全体で取り組んでいくため、官民が連携して食品ロス削減に向けた国民運動を展開しています。